私の受験体験記&勉強法

社労士試験はマジメにコツコツやれば必ず合格できる試験ではありません。
合格できるかどうか不安で、とりあえず勉強するしかないと思っている方。

 

あなたが心から社労士試験合格を望むなら、そして今の勉強方法で本当にいいのかお悩みなら、この勉強法を検討してみてください。

 

ここでは、
 ■社労士試験の本質とはなにか
 ■合格確実圏内への道すじ
 ■社労士受験生の陥りやすいワナ
 ■社労士通信教育の選び方から社労士合格へのプロセス

 

をお伝えしていきます。
例えば私は「問題演習を学習の中心に置く」勉強法を推奨していますが、そのやりかたなら、今までとあまり変わりばえしない勉強法じゃないかとあなたは思われるかもしれません。

 

しかし根本的に、合格するためのアプローチの考え方が一般的なものとは違うのです!

 

私は、社労士試験に限らず、資格試験に合格するために必要な重要なポイントが大きく4つあると思っています。
この4つのポイントはとても重要で、合格を左右するものであるにもかかわらず、残念ながら多くの受験生ははっきりと意識することなく本試験を迎えているのです。

 

では、この4つのポイントとは何でしょうか。
それは、

  1. その試験の特徴をしっかり把握しているか
  2. テキスト中心学習なのか、問題演習中心学習なのか
  3. 解答の確率論を理解しているか
  4. いかに勉強を継続するか

この4つです。
箇条書きにすれば簡単そうに思えますが、実はそれぞれがとても意味の深いものなのです。

 

しかし、多くの受験生はそこまで意識して勉強していないでしょうし、巷の合格体験記でもあまり触れる機会はないでしょう。

 

では、ダメな受験生だった1年目と結果を出せた2年目の違いを、経験談を中心にお伝えしていきます。

 

私の社労士受験体験記&勉強法記事一覧

社労士試験の勉強を始めてみると、多くの受験生が、この試験の勉強すべき範囲はなんて広いんだろうと思い知らされると思います。さらに、テキスト、過去問題、予想問題、模擬試験、労働法全書、労働白書、科目間横断整理、サブノート、法改正対策など、やっておくべきだといわれている教材がいっぱいあります。範囲も広くて、やるべき教材もいっぱい。しかも、テキストひとつとっても、千ページ以上の分量があったりします。さらに...

私は受験2回目での合格です。1回目はなぜダメだったのか、今でははっきり原因がわかりますが、当時は教えを請う師もおらず、暗中模索の中で進んでいました。もし、当時の私のそばに、いまの私がいたら、合格への道はもっと近かったはずです。まずはここで、私の1回目の受験体験をご紹介します。■合格体験記を読み通信教育を選択私は、あるきっかけでこの社会保険労務士に関心を持ったのですが、「どんな科目があるのか」 「難...

@社労士試験の本質をつかむ「社会保険労務士試験はマジメにコツコツやれば必ず合格できる試験です!」いったい私は何回この言葉を合格体験記で読んだことでしょう!あなたもそんな合格体験記を読んだことはありませんか?はっきりいって、これは「たまたま」合格することができた方の無責任な発言だと思っています。ご存知のように、この社労士試験には「足切り」という基準がありますね。いくら総合得点は高くても、たった1科目...