社会保険労務士の仕事の内容

社会保険労務士の仕事にもいくつか種類があります。

 

大まかな仕事としては、保険や年金に関しての書類作成です。
他には帳簿を付けたり人事に関してのコンサルティングという仕事もあります。

男性

 

どの方向に進むかは人による違いもありますが、大きく分けて3つの選択肢があります。

 

社会保険労務士の仕事は、全て労働社会保険諸法令が基準となっています。

 

労働社会保険諸法令に基づき、書類を作成したり作成代行もします。
作成する主な書類は、健康保険や雇用保険に関するもの、労災保険に関しての必要書類なども含まれています。

 

これは帳簿を付ける時も同じで、労働社会保険諸法令に基づいて帳簿付けをします。
この場合は労働者名簿や資金の台帳などです。

 

また就業規則の書類を作成する事もあります。
労災や年金、その他仕事に関連した書類の作成と帳簿付けの仕事は、社会保険労務士の資格を持っていないとできない重要な仕事です。

 

3つ目のコンサルティング業務に関しては、社会保険労務士の資格無しでも可能となっていますが、アドバイスするにあたり専門的な知識が必要になるので、社会保険労務士が行うのが一般的となっています。

 

社会保険労務士の資格を取得した後は、2通りのスタイルで働く事ができます。

 

一つは会社員として会社に所属し、社会保険労務士に関連する仕事をするスタイルです。
正社員として働くので安定していますし、社会保険労務士という国家資格を持っているので資格手当などもあります。

 

しかし会社によっては資格があってもまったく評価されない場合もあります。
つまり、資格にたいして会社や上司の評価基準がまったく異なるからです。

 

これが司法試験や税理士、公認会計士などであれば違うかもしれませんが、社労士資格はそこまでの認知度はないものと思って下さい。

 

とはいっても、ハローワークの求人などでも社労士資格が必要な求人もありますから、転職の際には社労士資格が必要な求人かどうか調べてみるのもよいでしょう。
特に、行政機関や介護業界では社労士資格が必要な求人が多くみられます。

 

もう一つは開業し独立するスタイルです。
この場合は完全なフリー社会保険労務士となるので、取引先は自分で探す事になります。

 

一般的に、社会保険労務士の開業本を見ると、需要は高く、どの会社にも必要とされるので独立しても十分やっていけると言われています。

 

ところが、開業はしたものの、廃業に追い込まれる方も少なからずいます。

 

私の社労士同期合格の方は、幸いなことにほぼすべての方が独立し成功しています。
(成功という定義は社労士として生活できるレベルにいるという意味です。)

 

しかし、現実には廃業に追い込まれる層も少なく無いということも聞くことがあります。
社労士開業塾の主催者で社労士の方が廃業したと聞いたときは驚きましたが、地道に誠実にお客様の役に立てる社労士を目指したいものです。

 

顧問の見込ゼロで開業した場合、結局は営業力の有無も大きく左右します。
いくら専門知識があっても、お客様がいなければ続けていくことはできません。

 

合格するのも大変ですが、開業してからも決して楽ではないことを覚えておいたほうがよいでしょう。

 

定年後の新たなチャレンジとして社労士試験はお勧めか?

かつては100年安心といわれていた年金制度も、少子高齢化が進むなかで本当に持続可能なのか疑問が取りざたされています。

 

現役世代が受給者を支える割合を示す年金扶養比率は、2009年度に2.47人となっており、高齢者1人を若者が2.47人で支えるというかなり切羽詰った状態まで追い込まれています。
2030年度にはこの割合が2.09人まで低下するといいますから、とても支えきることはできなく、加えて昨今では年金の受給開始年齢の大幅引き上げが行なわれる気配もあります。

 

ともなれば、定年後しばらくは年金が受け取れない無収入の時期を数年間過ごすことになり、そのことを見据えて定年後に新たなチャレンジをおこなうための準備を始める動きがあります。

 

一般的には自分で商売を始めるということが多いのですが、何にせよ軌道を載せるのは至難の業であり、そうしたことは避けて堅実な資格を取得して商売を始めようとする場合が多いのです。

 

ではそうした流れの中で社会保険労務士資格はおすすめなのでしょうか?
社労士は世間の需要が大きくある程度の仕事が見込めることから人気を集めるようになり、定年後の新たなチャレンジとしてまだ会社に籍を置く頃から準備を始める方がおります。

 

実際に、高齢者の受験生は増えてきています。
定年退職後に、時間があることもあって、勉強に取り組む方も多いようですね。
では、社労士試験に合格して開業という道は広がっているでしょうか?

 

 

私の周りで社労士試験に合格した同期を見てみると、30代、40代の方が多かったのですが、もうすぐ60歳とか、60代の方も何名か見えました。
60代の方は定年退職後に勉強して合格した方々でしたね。

 

多くの方は開業されました。
これまでのキャリアの専門を生かして得意分野でお客様を増やしたり、学校の講師をやったり、当時はやっていた助成金を切り口に顧問先を増やしていったりと頑張って見えました。

 

ほとんどの方は開業してそのまま独立していますが、一部で廃業した人もいます。
けっこう社労士の同業の人向けに講師をやっていたような人でも廃業することもあり、色々事情があったのかもしれませんので一概に総評できませんが、概ね開業してもガンバって続けている方が多いですね。

 

ですから、60代で社労士試験に合格してその後の人生に社労士資格を生かすのは普通にアリだと思います。
問題は、その手前のところで、合格できるかどうかという面がありますが・・・。

 

高齢になって なかなか知識が定着しない、点数が伸びない、という方も多いかもしれません。
私の周りの社労士合格者で、60代の方や60代に近い方は結構受験でくろうしていた印象です。
5回、6回、挑戦してやっと社労士試験に合格した人が多かったです。

 

そこまで頑張った人は社労士資格に人一倍の愛着もあると思いますので、合格後に資格を生かしたい方が 多いのではないでしょうか。

 

主婦でも合格は夢ではない社労士試験

社会保険労務士などの士業の場合、女性より男性の方のほうが圧倒的に多い世界なのですが、近年では社労士の女性合格者が増えつつあります。

 

ですから女性だからと受験を躊躇する必要は全くないと思います。
実際に、合格者で女性の方は多いですし、試験合格の能力という面からも男性に全く引けを取らないと思います。

 

女性の場合は、逆にコツコツ勉強するタイプの方も多いので、そういう意味でも、受験は強いのかなと思います。

 

開業の男女比をみると、男性65%、女性35%となっており、士業の中でも特に社会保険労務士は女性の進出が目覚しい職種だと言えます。

 

その中には専業主婦から独立を果たしたという方も多くおりますので、どこかにパートに出て働くのとは異なり、資格に合格して高給取りになるのも夢ではない試験だといえます。

 

そもそも、なぜ社会保険労務士は女性の進出が進んでいるのでしょうか。

 

そのヒントは社労士の業務にあり、保険や年金を始めとして給与計算などを取り扱うことから、細かい数字の計算に強い女性であり主婦の方に馴染み易い仕事だといえるのです。

 

実際に、女性の社労士開業者はよく勉強している印象がありますね。

 

経営者は細かい年金のことほとんどニガテの方が多いので重宝されていると感じます。
社会保障に関しても女性のほうが興味を持ち深く調べている場合が多いので、その点もまた仕事をする上で有利になっているといえます。

 

また女性の場合には、仕事をする上で経営者側も労働者側も話しやすいという事情もありますので、業務がやりやすい傾向もあるかもしれません。

 

年金手続なんて専門性を高めると、事業主からは本当に専門家として評価してもらえます。
私の周りの女性開業者は結構、年金を得意分野にして活躍している人が多いかなと感じます。

 

ただ、それ以前にまずは資格取得しなければいけませんから、合格をかなわぬ夢として始めから諦める方もいるかと思います。

 

たしかに、社会保険労務士の試験は難易度が高いものの、通信講座などで効率よく学ぶことができますので、主婦の方でも家事の合間にしっかり勉強して合格される方は多いので、夢ではない試験であると言えます。

 

社会人のチャレンジ

社会保険労務士の取り扱う仕事は毎年のように増え続けており、資格取得にチャレンジする社会人の方が増えています。
これは長く続く不況が功を奏している現象なのですが、そもそも士業といえど景気の影響は避けて通ることはできませんね。

 

近年では弁護士も仕事にあぶれることが多いそうで、仕事にありつけず、たまに来た依頼人を騙す手口で犯罪に手を染める弁護士が増えてきました。
一方で、社会保険労務士の場合は仕事が多いというのですが、なぜ他の士業とはその逆を行くのでしょうか?
景気が厳しい中では各企業とも経営環境を改善するためにあらゆる手を講じており、例えば自治体に雇用維持の助成金を申請したり、整理解雇などに関する相談を受ける場合もあります。

 

こうした分野はまさに社会保険労務士の職分であり、経営を立て直すためのコンサルタントのような役割を担うこともあります。

 

また一方で労働者側に立ち、解雇などの事案に対処したり、労使間トラブルに関する相談を受けることもありますので、「社会保険労務士」は益々求められていることがお判りいただけるかと思います。

 

そうした状況を踏まえて、近年では他の職種についている社会人の方が社労士の資格試験にチャレンジすることが多くあります。
同じ会社に勤めていても先行きが不安だと感じる方は非常に多く、第二の人生として社労士にチャレンジするケースが多いのです。