TAC 社労士講座の特徴・費用・サポート体制・口コミ情報・合格率

社労士講座の最大手といえるのがTACです。

 

TACの合格率は他社と比べると格段に違います。
試験の全国平均合格率は例年7%から8%ですが、TACの合格率は毎年20%前後なのです。

nao

 

受講生数が多いにもかかわらず、高い合格率となっているわけですから、TACの講座は優秀と考えて良いでしょう。

 

ちなみに講座の脱落者が少ないこともTACの特徴です。
受講者数と試験受験者数の割合を受験率と呼びますが、TACの場合の受験率は90%を上回っています。

 

これはサポート体制が整っているためと考えられます。

 

例えば、通学講座の場合には、講義を欠席した場合の振替制度やDVDによるフォロー制度があります。
違う時間帯の講義をあらためて受けられるのは、いくつもの講座を持つ大手ならではのメリットと言えます。

 

通信コースの場合でも、回数制限はあるものの、通学コースの講座に出席できるなどサポートが充実しています。

 

ただし、TACの社労士講座は他と比べると費用が少し高めです。

 

入門総合本科生ですと通学コース・通信コースともに費用は約20万円です。
ただしテキストはもちろん、過去問題集や暗記カードも含まれていますし、答練や公開模試費用だけでなく、法改正講座や直前対策講座も含まれた価格です。

 

他社の行なっているテキストのみの安価な講座にこうしたオプションをつけると、TACとほとんど変わらない費用になるはずですから、内容と比較するとリーズナブルといえるかもしれません。

 

特にTACの場合には、テキストが良いという特徴があります。
暗記カードは選択対策のベストチョイスとの意見もありますし、過去問集は初学者向けに最適との意見もあります。

 

講義についても評価は良好です。
クラス別担任制度の評判も良いですし、入門総合本科生の講義内容も肯定的な意見が大半です。

 

一方、単科クラスや上級本科生については

  • 「上級と言いながらレベルの低い講義内容」
  • 「講師の質が悪い」

との口コミが数多く見られます。

 

入門総合本科生以外では、TACを選択するメリットはあまりないのかもしれません。

 

実際、2年目以降も入門総合本科生で受講する、というケースも多いようです。

 

yajirusi資料請求はこちらの一括資料請求が便利です。
    yajirusi社会保険労務士講座一括資料請求

manabi

当サイトのメインメニュー

        

 

社労士講座の正しい選び方

おすすめ講座ランキング

 

イメージや口コミだけで社労士講座を選ばないで!

自分に合った、最も効率よく試験に合格させてくれる講座を選べるといいですね。

 

<<詳細はこちら

       

当サイトがオススメする3つの社労士通信講座をランキング形式でご紹介しています。

 

 

<<詳細はこちら

価格帯別で選ぶ

口コミ情報から選ぶ

サポート体制から選ぶ

社労士通信講座を価格帯別に3つに分類しました。
10万円以下の価格帯。10万円台の価格帯の講座。最後に20万円台の講座です。

 

<<詳細はこちら

実際に受講した方の口コミの中でも、良い口コミが集まっている社労士講座を3講座紹介していきます。

 

 

 

<<詳細はこちら

ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。
これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。

 

<<詳細はこちら