ネオスタの特徴・費用・サポート体制・口コミ情報・合格率

ネオスタはちょっと変わった社労士通信講座です。

 

4か月で社労士に合格するスマホ学習法
を提唱しているスクールです。

 

今、スマホの普及とともに、通信講座の教材も大きく変わろうとしています。

 

いまでこそ、パソコンを利用したWEB講義などは一般的になりましたが、パソコンを立ち上げるのも意外と面倒なことも多いものです。
また画像を再生するとなると、スマホだと少し時間がかかる場面もあるかもしれません。

 

ネオスタの講義はスマホに収録して見るタイプなので、ネットに接続する必要がありません。
前回の続きをすぐ見れますし、ネットに繋がないので本当にちょっとした時間でも学習できます。

 

また、講義は講師の顔が出ず、「差し棒」に代わって、「ハイライトカーソル」というのを使い、「今、説明しているところ」を表示しています。

 

手元にあるスマホで、いつでもどこでも社労士の勉強を最高の配信教材で学ぶことができる時代になりつつあるんですね。(当然ですが、パソコン画面でも見ることができます)

 

 

ネオスタの社労士講座は、紙媒体のテキストや問題集ではなく、全ての教材、講義さえもスマホに収録されている講座です。

 

ただし、スマホの画面ではテキストや問題集が見ずらいと思えば、プリントアウトすることもできます。

 

テキストは、カードテキストと詳細テキストという2種類があります。
覚えるためのテキスト辞書替りのテキストという2種類があるのも大きな特徴ですね。

 

そして、効率よく社労士試験に合格するために、問題演習中心の勉強法を提唱しています。

 

分厚いテキストを最初から最後まで見る必要はありません。
講義を見るだけで、受講生を山の7合目まで一気に運んでくれます。

 

仕事のある方や子育て中の方など、あまり勉強時間が取れない受験生や、社労士試験の基礎知識がなく、社労士試験受験は初めてといった受験生に特にオススメできる講座です。

 

4か月の社労士合格を売りにしていますが、さすがに、勉強時間が十分に取れる受験生でないと、一般的に4か月での準備期間で合格は結構至難の業かなとも思います。

 

ただし、最短で効率よく合格する力を付けることが最も大切なことだと思うので、その点では、信頼できる資格スクールだと思います。

 

また、講義・テキスト・問題集が全部セットになっていて圧倒的に低価格で提供してくれる点が魅力的ですね。

 

ネオスタ社労士講座の評判

正直、ネオスタは社労士受験界では、無名に近い存在だと思います。
有名な受験予備校といえば、ユーキャンTACLEC予備校資格の大原フォーサイト大栄クレアールといった、複数の資格受験講座を開講している大手スクールが良く耳にされると思います。

 

社労士資格に特化した受験予備校だと、山川社労士予備校iDE社労士塾、などがあります。
そして、ネオスタも社労士資格に特化した受験予備校になります。

 

こうした、社労士だけに特化した受験予備校は、比較的規模は小さいといえるでしょう。
比例して、知名度という点からしても、あまり知られていない学校です。

 

しかし、社労士に特化しているだけに大きな強みがあると私は思っていますし、実際に受講した受験生から絶賛されることも多いです。

 

なぜかというと、他の予備校と違って、多角経営ではないので、社労士講座がこけたら、学校自体の経営も立ち行かなくなるからです。
そのために、結果(受講生を合格させる)を出さなければいけませんし、色々な特徴を出して魅力を感じてもらわなければなりません。

 

例えば、山川社労士予備校なら、無料講座を一部公開することで、講義の魅力を知ってもらい、有料講座の購入につなげてますし、iDE社労士塾の場合は、「わかりやすい講義」を徹底的に追及することで受講性の満足度を上げて、口コミから受講生の確保に腐心しています。

 

ネオスタの場合は、スマホでの手軽学習、効率よい問題演習中心の学習カリキュラム、カードテキスト・詳細テキスト・ネットでの条文データ集、低価格での提供、といった特徴があります。
ユーキャンなどは、もともとの知名度が圧倒的なので、受講生もおそらく最大規模なのでしょうが、講座としてはどうなのかといえば、必ずしも一番とは言えないと思います。

 

知名度があって30万円もする講座なら、いかにも合格しやすいイメージは多くの受験生が持つと思いますが、必ずしも合格しやすいわけではないことを知っていただければと思います。

 

ネオスタ社労士講座の合格率

ネオスタの合格率が高いかどうかで講座を選ぶかどうか判断したい方もみえるでしょう。
結論からいえば、ネオスタ社労士講座の合格率はわかりません。

 

そもそも、合格率で良い講座かどうかが判断しにくいからです。
これは、ネオスタに限らず、すべての社労士受験講座に言えることです。

 

たとえば、本気度の受講生ばかりで、それなりにしっかり勉強して、教材もしっかりこなして、他の予備校の教材は使わず、本試験を受験した受講生だけを対象にした合格率であれば、判断基準となるでしょうが、実際にそんな統計をとることは至難の業であることはご理解いただけると思います。

 

ネオスタのサイトはこちらから
  ⇒ネオスタ社労士講座

当サイトのメインメニュー

        

 

社労士講座の正しい選び方

おすすめ講座ランキング

 

イメージや口コミだけで社労士講座を選ばないで!

自分に合った、最も効率よく試験に合格させてくれる講座を選べるといいですね。

 

<<詳細はこちら

       

当サイトがオススメする3つの社労士通信講座をランキング形式でご紹介しています。

 

 

<<詳細はこちら

価格帯別で選ぶ

口コミ情報から選ぶ

サポート体制から選ぶ

社労士通信講座を価格帯別に3つに分類しました。
10万円以下の価格帯。10万円台の価格帯の講座。最後に20万円台の講座です。

 

<<詳細はこちら

実際に受講した方の口コミの中でも、良い口コミが集まっている社労士講座を3講座紹介していきます。

 

 

 

<<詳細はこちら

ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。
これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。

 

<<詳細はこちら