クレアール 社労士講座の特徴・費用・サポート体制・口コミ情報・合格率

クレアールは、一貫して理想の合格を追及している資格スクールです。

  • できるだけ“短期間”で合格
  • できるだけ“最小の労力”で合格
  • できるだけ“最小の費用”で合格

このスタート地点が、他の有名資格スクールと一線を画したところです。

 

ある有名スクールでは、合格後の一流の社労士になれるように、社労士試験でトップ合格を目指すとの理念で大量の教材をこなすコースが存在しますが、クレアールの社労士講座は、最短の労力・時間で合格をめざす合格至上主義です。

 

社会保険労務士の場合は試験範囲となる事柄が非常にひろいため、クレアールの通信講座では合格必要得点の範囲で学習を行なう過去問題を重点的に行うといった特徴があります。

 

受講した受講生に、試験の後で「教材に乗っていない問題が出た」とクレームが出ないように、詳細なテキストと大量の副教材を配布する講座とは違います。

 

受験生の満足を与える教材の量で追及していくのか、合格という結果で追及していくのかの違いですね。

 

クレアールの社労士講座はコースの種類が豊富です。
その中でも、最もスタンダードな講座は「一発ストレート合格コース」で、合計85回の講義が視聴できるコースです。

 

答練や直前対策、法改正対策、公開模試なども含まれた、まさに至れり尽くせりの講座です。

 

 

ところで、クレアールの他の資格スクールが大きく違う点とは・・・。

 

それは、
クレアールの講座の特徴の一つは、問題演習を重視していることといえます。

 

例えば過去問ですが、他社の過去問は過去10年の内容ですが、クレアールは過去20年分を網羅しています。

 

 

このため、分厚い過去問テキスト目当てにクレアールの講座を受講する方もいるほどです。

 

分量が多いと網羅しきれないのではないかと思われるかもしれませんが、一発ストレート合格コースには重要過去問攻略講座が含まれていますので心配はいりません。

 

 

学習初期から問題演習に取り組むことができるので、
社労士試験合格に最も必要とされる「問題を解く力」が早い時期から付くことになります。

 

実は、
再受験の回数が増えている受験生は、問題演習の量が不足しているケースが多い
です。

 

テキストを繰り返し読んでも本試験レベルの問題はなかなか解けるようにはならないんです。

 

解けるようにするには徹底した問題演習しかないと思います。
私の場合も、問題演習中心の学習方法で取り組んだおかげで、本試験の択一式では8割を超える得点をすることができました。

 

あなたは、ついついテキスト読みに多くの時間を割いていませんか?

 

教室での講座展開から通信講座へと移行

クレアールは東京を中心に全国に校舎があり、また代ゼミライセンススクールなどの校舎と提携いているため、代々木ゼミナールが全国に展開している校舎でも一部で講義が行なわれてきました。

 

それ以外に、通信講座は「Web講座」「DVD通信」のタイプに分かれていますので、それぞれご自身の好みや生活に合わせて選ぶことができます。

 

ですが、クレアール社労士講座は、WEB講座が基本となりましたね。
教室で講義を聴く通学ではなく、通信講座を中心にすることになったのです。

 

講義はWEBの映像配信ですから、自宅のパソコン以外に、スマホやタブレットでも手軽に受講することができます。
さらに、ペーパーレスも進んでおり、テキストなどはペーパーですが、答練などのテキストなどはダウンロードする形式となって低価格を実現しています。

 

Web講座」では、ネットを専用のホームページにアクセスして映像で講義を受けることができます。
講義の音声のみダウンロードすることができますので、音楽プレイヤーで持ち運びできるという特徴があります。
一方、「DVD通信」とは、実際に行なわれている講義を収録したDVDを元に勉強する学習法で、音声ダウンロードもセットで付いてきます。

 

クレアール社労士講座のポリシーとは?

クレアールの社労士講座では、満点ではなく、合格点のクリアを目指す学習法「非常識合格法」を提唱しています。

 

つまり、多くの社労士受験生が解ける問題は確実に得点することで合格点は確保できるという考え方です。

 

某大手の資格スクールの講座で、受講生を全国トップクラスで合格させることを目標にした講座があります。
いかにもキャッチフレーズとしては、聞こえはいいのですが、これはごく一部の受験生にしか合わない勉強法なんですね。

 

確かに実力十分な受講生が大量の勉強時間を使って試験勉強に専念して勉強すれば、高い合格率は出るのかもしれませんが、多くの社労士受験生は社労士の試験勉強だけに専念できる環境ではないはずです。
注意してくださいね!

 

さて、クレアール社労士講座では、過去問題中心の勉強を勧めています。

 

しかし、単に過去問題をやれといっているわけではないんですね。

 

過去20年間の問題を分析して合格に必要なだけの範囲に絞り、確実に合格点を取るという考え方なんですが、これがもっとも効率よく試験で合格点を取れる勉強法なんです。

 

 

クレアール社労士講座おススメのコースは?

クレアールの社会保険労務士講座の中では、問題演習中心の中級か上級のコースがおススメです。

 

特に圧巻の問題量ですから、この内容を仕上げることができれば択一式で合格点に達しないことは考えにくいですね。

 

さらに、他の資格スクールにない特徴として、早い時期から問題演習中心の学習ができるという点が挙げられます。

 

他の一般的な予備校の講座では、3月とか4月になってやっと問題演習というスケジュールですが、再受験組には遅すぎる面があります。

 

なぜ、判を押したように、一般の予備校はこのようなスケジュールをするのか不思議ですが・・・。
クレアールの中級・上級コースでは、早い段階から問題演習できますので、効率よく勉強できると思います。

 

 

気になる費用は?

通常、資格予備校で講座を申し込もうとすると、模擬試験や基礎講座、答練講座、法改正講座、白書講座、直前まとめ講座など、色々な講座がセットになっているんですね。

 

このセットになった講座群を、●○コースとして販売しているわけです。

 

単発の講座を1つずつ申し込むより、セットでコースになった講座の方が受講生にとっては割安感があり、資格予備校としては、単発で申し込まれるより、コースで申し込んでくれた方がたくさんのお金を落としてくれるという仕組みなんです。

 

自分の予算に合った講座を選ぶというのは、自分に必要と思った講座だけを申し込んで予算を抑えるということなんです。

 

でも、クレアール社労士講座は、必ずしも、コースで申し込まなくても、それぞれの講座を単発に選ぶことができるんです。
この自由度があるので、予算を抑えることができるんですね!

 

予備校によっては、20万円を超えるコースの講座か、資料だけの5万円位の安価な講座の2つ・・・なんていう、究極の2者選択のところもあります。

 

値段だけで講座を決めてしまうと、後で大きな悔いが残ることになりかねませんからご注意くださいね。
(私も予算優先にしたために、社労士受験1回目に予備校の選択を大きく間違えた人間です・・・。独学のほうがまだマシだったように思います。

 

価格は、
本試験直後の9月が最も安く、本試験に近づくにつれて価格が上がっていきます。

 

調べてみるとわかりますが、大手社労士予備校の中ではかなり低価格で教材を提供してくれます。

 

さらに、
ここで、大幅に割引して低価格で受講する方法をお伝えします!

 

ひとつは、早期早割受講を申し込むことです。
講座を早めに申し込むことで大幅に講座受講料が安くなります。
上記のように、9月に申し込むと定価の半額以下の費用で済みます。

 

さらに、再受験の場合も大幅な割引制度があります。

 

クレアール社労士講座の口コミは?

クレアールの講座は合格率が15%と、全国平均の約2倍の高倍率です。
これが理由かはわかりませんが、クレアールの講座の口コミは比較的良好です。

 

特にテキストの出来については肯定的な口コミが多いです。

 

ただし「選択はテキストだけでは厳しいので、他社のテキストを併用した」という口コミも中にはありました。

 

テキストと比較すると、講義についての口コミは多くありません。
直前対策については、人気の講師の講義もあり「テキストを含めて素晴らしい内容だった」と高評価の口コミがいくつかあった程度です。

 

とはいっても、斎藤先生という看板講師がみえて、この方の講義はとても優秀です。

実際に私も受講した経験がありますが、理解が難しい在職老齢年金の仕組みを図で明確に示していただいたことで、計算式の意味がすっと頭に入り、一発で理解できた経験があります。

 

これこそ、独学では絶対に体験できない講義の威力だと感じました。 

 

良質の講義は、テキストでは到底理解できないことをきちんと理解させ、受験生の実力を一気に引き上げてくれる効果があります。

 

ここが、独学にはない通信講座の強みですから、高いお金を払って通信講座を受講する以上は、優秀な講義付きの講座を選ばれることをおススメします。

 

斎藤正美先生はネットの口コミでも評判が高いようです。

 

クレアールの講座はサポートも充実しています。
北村講師の受験生応援サイトの質問コーナーで質問できるほか、メールやFAXから疑問点を質問できるサポート体制も整っています。
回数無制限ですから安心ですね。

 

 

資料請求するととてもよいことが・・・

クレアールのパンフレットは、開業者から受験合格者まで幅広く体験記が掲載されています。

 

どの資格スクールを受講するにしても、クレアールのパンフレットは手元に取り寄せて読まれることをオススメします。
クレアールの講座構成は若干わかりにくいので、WEB上のPDFファイルで読んでもイマイチ理解できないことが多いです・・・。資料請求して紙媒体でしっかり読んで理解したほうがよさそうですね。

 

なお、WEB上でパンフレット内容を見ることができますが、実際にはとても見にくいです。

 

 

手間に感じても、実際に資料請求して手元に取り寄せて読まれることをオススメします。

 

パンフレットは合格体験記が多数掲載されていますし、社労士実務家のコメントも掲載されていますので実際に手に取ってみられるとよいと思います。

 

また、合格体験記では、秋山守男さん(DVD通信生の方)の体験記は通信生には参考になります。
一度ぜひ読んでいただきたい合格体験記です。
また資料請求すると、素敵なグッズも無料でゲットできます。

 

素敵なグッズって?

 

それは、

 

本試験解説のDVDと講義DVDがもらえることです。

 

さらに、今だと「社労士試験最短最速非常識合格法
という勉強ノウハウ本が先着100名にプレゼントされるようです。

 

 

クレアール社労士講座の資料請求はこちらから。

 

  クレアール社労士講座

 

社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

 

 

yajirusiまた、色々な資格スクールを検討中なら、こちらの一括資料請求が便利です。
   一括資料請求のよい点は、1回の入力だけで希望する講座すべての資料請求ができることです。

 

    yajirusi社会保険労務士講座一括資料請求

 

当サイトのメインメニュー

        

 

社労士講座の正しい選び方

おすすめ講座ランキング

 

イメージや口コミだけで社労士講座を選ばないで!

自分に合った、最も効率よく試験に合格させてくれる講座を選べるといいですね。

 

<<詳細はこちら

       

当サイトがオススメする3つの社労士通信講座をランキング形式でご紹介しています。

 

 

<<詳細はこちら

価格帯別で選ぶ

口コミ情報から選ぶ

サポート体制から選ぶ

社労士通信講座を価格帯別に3つに分類しました。
10万円以下の価格帯。10万円台の価格帯の講座。最後に20万円台の講座です。

 

<<詳細はこちら

実際に受講した方の口コミの中でも、良い口コミが集まっている社労士講座を3講座紹介していきます。

 

 

 

<<詳細はこちら

ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。
これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。

 

<<詳細はこちら