サポート体制でオススメの社労士通信教育

自分に合う講座の選び方として、サポート体制をチェックしておく必要があります。

 

ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。
これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。

まず、質問のサポート体勢がない講座があります。
山川社労士予備校です。

 

この講座はサポートをなくすことによりコストダウンをしています。
「サポートは必要ない。費用は安いほうが良い」と考える方には良いでしょう。

 

質問の回数が限られる講座がフォーサイトです。
規定回数以上になると追加料金が発生します。

 

質問が有料になるのがネオスタです。
講座費用を極限まで抑えるために、質問は1件いくらという形にしています。

 

また日本マンパワーも質問回数は5回までとなっています。
たくさん質問したい方は避けたほうが良いですね。

 

質問したら、できるだけ早く回答が欲しいものです。
常駐スタッフがいて質問に対応している講座は、サポートを重視する受講生に最適です。

 

例えばヒューマンアカデミーは、営業時間内であれば校舎に常駐したスタッフがすぐに回答してくれます。

 

またユーキャンは質問すると回答が早く返ってきたという口コミが複数見られました。

 

LECやクレアールには直近の合格者が勉強方法を指導してくれるサポートがあります。

 

こうしたサポートはモチベーションや効率のアップに役立つはずです。

 

サポート体制は、質問コーナーに限りません。
例えば大原、LEC、TAC、クレアールなどの大手は自習室の開放を行なっています。
自宅が勉強に適していない方に好評です。

 

 

利用したい方は自習室の有無も確認してください。

 

通信のコース生でも講義に参加できる講座もあります。
生の講義に出席すると講師の迫力が感じられますし、受講生の勉強ぶりが刺激になる場合も少なくありません。

 

LECやTAC、大原などがこれにあてはまります。

 

こうして考えてみると大手の講座は費用も高いのですが、サポート体制も充実していることが分かります。

 

総合的に考えて最もサポート体制が充実している社労士講座は、大原かもしれません。

 

回数無制限の質問コーナー、自習室開放、通信コース受講生の講義参加など、全ての点で秀でているからです。

当サイトのメインメニュー

        

 

社労士講座の正しい選び方

おすすめ講座ランキング

 

イメージや口コミだけで社労士講座を選ばないで!

自分に合った、最も効率よく試験に合格させてくれる講座を選べるといいですね。

 

<<詳細はこちら

       

当サイトがオススメする3つの社労士通信講座をランキング形式でご紹介しています。

 

 

<<詳細はこちら

価格帯別で選ぶ

口コミ情報から選ぶ

サポート体制から選ぶ

社労士通信講座を価格帯別に3つに分類しました。
10万円以下の価格帯。10万円台の価格帯の講座。最後に20万円台の講座です。

 

<<詳細はこちら

実際に受講した方の口コミの中でも、良い口コミが集まっている社労士講座を3講座紹介していきます。

 

 

 

<<詳細はこちら

ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。
これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。

 

<<詳細はこちら