通信講座のワナに注意

自分に合った通信講座を選ぶために

社労士試験のような難関試験に挑戦する場合、自分に学習環境に合った講座を選ぶことは大事なことです。

 

試験勉強に専念できる環境の方もいれば、仕事をしながらとか、家事の合間とか片手間に学習しなければならない環境の方など、さまざまでしょう。

 

また、社労士試験受験が初めての方と何度も受験されている方とでは、学習の進度も変わってきますから、それも判断材料になるでしょう。

 

さらに、予算との関わりもあるでしょう。

基本は独学だが、白書対策や法改正対策は単科の講座をオプションで選択するという方もいるでしょう。

 

このサイトでは、
自分に合った通信講座を見つけていただくために、

 

まずは、こちらの正しい社労士講座の選び方をご覧いただけると幸いです。

 

基本講座から直前対策講座などがセットになってボリューム満点の総合講座は魅力的ですが、逆にボリュームがありすぎて、時間のない受験生には向いていない、教材を絞りこまないといけない、などの判断が必要になってきたりします。

 

次に、
「価格帯別」・「口コミ情報」・「サポート体制」・「総合おすすめランキング」
で社労士通信講座をご紹介しています。

 

あなたの受験環境に合わせて判断いただければと思います。

 

社労士通信講座を選ぶ理由を考えてみた

社会保険労務士の資格取得を目指す際には「通学」「通信」「独学」という選択肢があります。

 

この中で、独学のメリットは、なんと言ってもいつでも手軽に比較的安い価格で勉強できるという点にあります。
例えば社会保険労務士講座を通学で受ける場合には、振替はあるとは言いながら原則は決まった時間に決まった教室に向かわなければいけません。
しかし、社会人の方など、常に時間通りに資格学校にいくことはできません。
残業や出張もあるかもしれません。
また近年では24時間体制の仕事もあるので、一般的な生活パターンができない場合もあるでしょう。 

 

ただ一方で講義のCD・DVDはないですし、疑問点があっても誰かに聞く事ができず、時間をかけて答えを探すかあきらめるしかありません。

 

正直なところ、私は独学はとても効率の悪い勉強方法だと思います。

 

私も実感したのですが、優秀な講義は受験生の実力を一気に山頂の中腹まで引き上げてくれる効果がありますので、その恩恵を受けれないのは痛いですね。

 

また、独学の場合は市販のテキストを使用することになります。
通信講座のテキストが市販されている場合もありますが、市販されたテキストは作成したから結構時間が経っているので情報として結構古い場合があるんですね。

 

じゃあ、市販されていない通信用・通学用のテキストが市販のテキストよりも無敵なのかというと、そうではないこともあるので、これが難しいところなんですけどね。

 

通信・通学用のテキストでも本当に使えないテキストがありますから・・・。
実際に、自分の社労士試験受験1年目で選んだ通信講座のテキストは全く使えない代物でした。

 

話を独学に戻しますが、独学でも分からない事柄についてネットで検索を掛けて調べることができると考える方もいるでしょう。
確かにそうした考えもありますが、年度ごとの法改正が繰り返される中で、ネットのどの情報が最新なのか見分ける事も非常に難しいです。いい加減な情報に自分の身を任せる7のは自分なら避けたいです。

 

あくまで、個人的なイメージではありますが、独学で社会保険労務士試験に合格を目指す場合は、通学や通信より3倍位の勉強量が必要ではないかと思います。

 

社労士試験の合格者で独学だけで合格した人の割合はかなり低いと思います。
正確な統計が存在しないのであくまで推測で申し訳ないのですが、おそらく合格者全体の1割か、せいぜい2割程度ではないでしょうか?

 

例えば宅建なら独学でも全然独学で行けると思います。
自分の経験からも宅建は独学でも大丈夫です。
通学や通信で合格する人もいますが、効率良く合格するなら通信通学もアリですが、独学でも行けるのかなと感じます。

 

じゃあ、司法試験とか司法書士試験に目を向けてみますと、独学合格はまずあり得ないでしょ!

 

このように、国家試験でも難易度が上がるほど、独学での合格は困難になってきます。
優秀な講義は受験生のレベルを一気に頂上の5合目あたりまで引き上げてくれるわけですから、費用は掛かっても講義付の通信講座・通学講座を受講される方が合格という面では近道だと思います。

 

ちなみに講義のない通信講座もありますが、独学にほぼ近い勉強法になるわけなので私としてはおススメできません。

一方、通学での社労士勉強はどうでしょうか?

通学講座の場合、直接講師に疑問点を聞く事ができますし、資格学校に入学すると電話やメールで質問を受け付けてくれるサポートサービスも多くあります。

 

一方、資格学校に通うには教室まで通学する必要がありますので、近隣に学校が無い場合には物理的に通学する事ができません。

 

また、これは通学講座に限ったことではありませんが、資格学校の講師も当たり外れがあって、テキストを読み上げているだけの講師も存在するようです。

 

比較的、社労士通信講座でしっかりしているところは、看板の講師がスタジオ収録で講義を配信してくれるので、講師の当たり外れはあまりないのかなと思います。

 

通学の利点は、講師にすぐ質問できるということ、受験仲間ができて励ましあいながら勉強できるというところ、自分の実力がどの程度なのか把握しやすい点、などでしょうか。

 

通信教育での勉強について

当サイトでは、社労士試験合格に「通信講座」という選択肢をおススメしています。
社会保険労務士の講座がある通信教育は何社もあって、それぞれで特徴あるコースが開設されていますのが、有名だから大手だからで選ぶのは避けた方が良いかと思います。

 

今の社労士通信講座では、テキストを配布するだけでなく、DVDが付いて講義の様子を見る事ができたり、インターネットを介して講義も視聴できます。
ここまでくれば、ほぼ通学しているのと手軽にスマホでどこでも勉強できます。

 

他には、通学講座と比較すると受験仲間がいないという点がありますが、今はネットで受講生同士の交流も感じられるようにもなりましたので、全く受講生同士の交流がないということでもなくなりました。

 

通信教育のデメリットとしては、通学講座のように決まった時間に勉強するわけではありませんので、自身の管理がしっかりとしていないといけません。

 

いつから勉強するか?

社労士試験は1年に1回ですから、どのタイミングで勉強を開始したらよいか迷う方も多いかもしれませんね。

 

本試験まで数カ月しかないという時期などでは、今講座を申し込んでもどうせ合格できないから無駄になると考える方も多いかもしれません。

 

これについては個々のタイミングもあるので決まった正解はありませんが、むやみに受験時期を先延ばしにしてしまう必要もないのかなと思います。

 

わたしとしては、いつ開始してもいいと考えています。
8月の本試験に向けて、もう3カ月しかないと思っても、次の年の本試験までを考えれば1年3カ月。
けっして、長い期間ではないかと思います。

 

よく半年以内の勉強期間で合格すると、「超短期合格」なんて言われることがあります。

 

でも、勉強だけしていればいいのか、仕事などをしながらなのかでも違ってきますね。
多くの通信講座は、不合格になってしまっても、次の年次の講座は割引されますから、講座費用が全く無駄になることも基本ありません。

 

特に、フォーサイトの社労士通信講座などは、時期によっては1年分の予算で2年分の教材が支給されます。
つまり、1年間分は無料なんです!

当サイトのメインメニュー

        

 

社労士講座の正しい選び方

おすすめ講座ランキング

 

イメージや口コミだけで社労士講座を選ばないで!

自分に合った、最も効率よく試験に合格させてくれる講座を選べるといいですね。

 

<<詳細はこちら

 

当サイトがオススメする3つの社労士通信講座をランキング形式でご紹介しています。

 

 

<<詳細はこちら

価格帯別で選ぶ

口コミ情報から選ぶ

サポート体制から選ぶ

社労士通信講座を価格帯別に3つに分類しました。
10万円以下の価格帯。10万円台の価格帯の講座。最後に20万円台の講座です。

 

<<詳細はこちら

実際に受講した方の口コミの中でも、良い口コミが集まっている社労士講座を3講座紹介していきます。

 

 

 

<<詳細はこちら

ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。
これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。

 

<<詳細はこちら

あなたに最適な社労士通信講座は?記事一覧

社会保険労務士試験は難関試験ですから、どの講座を選ぶかは慎重にしたいところです。ところが、多くの社労士受験生は受験業界の実態がよくわからないために、偏った情報や自分のイメージ・一部の口コミなどで安易に講座を決めがちです。そのイメージとは、価格が安い講座はイマイチ、高い講座は安心大手資格スクールなら間違いないテレビなどで聞いたことがあるスクールだから内容もいいだろうなどです。ところが、実際には上記の...

当サイトがオススメする、とっておきの社労士通信講座をランキング形式でご紹介します!--------------------------------------------------------------------------------フォーサイトフォーサイトは、合格第一主義の教材作りと低価格の戦略で伸びてきた資格予備校です。それまでは、社労士講座といえば、TAC,LEC,資格の大原、マンパ...

社会保険労務士試験通信講座はいろいろありますが、各社の講座を価格帯別に分類してすると、3つに分類できます。ひとつは10万円以下の価格帯。そして10万円台の価格帯の講座。最後に20万円台の講座です。10万円以下の通信講座この価格帯に分類される講座は、クレアールネオスタエル・エーユーキャンフォーサイト日本マンパワー山川社労士予備校があげられます。この価格帯の中には、安かろう悪かろうという講座もみられま...

社労士講座は自分に合ったものを選びたいものです。実際に受講した方の口コミは、講座選びに欠かせないものといえます。中でも良い口コミの講座を3講座紹介したいと思います。まずは山川社労士予備校です。「無料でネットから講義を受けられるのが良い」「講師の話し方にクセがあるものの、内容は非常に良い」「テキストは内容を理解するのに適切なボリューム」「コストパフォーマンスは最高」と、講義・テキスト・費用面で良い評...

自分に合う講座の選び方として、サポート体制をチェックしておく必要があります。ほとんどの講座ではサポートとして電話・FAX・メールで質問を受付ています。これを基準に各講座のサポート体制を比較してみましょう。まず、質問のサポート体勢がない講座があります。山川社労士予備校です。この講座はサポートをなくすことによりコストダウンをしています。「サポートは必要ない。費用は安いほうが良い」と考える方には良いでし...