社労士などの難関資格に一発合格する方法

合格率5%を切るような難関国家試験では、「一発合格は難しい」というイメージが先行しています。

 

その考え方にとらわれてしまうと、大量の知識を習得しないといけないとか、難問もある程度正解できるような実力を身につけないと思ってしまいがちです。
でも、この勘違いが合否を分けるポイントになりますので注意が必要です。

 

あくまで競争試験であることを意識すること

社会保険労務士試験は競争試験です。
たとえば6割以上得点した受験生は全員合格というものではなく、明らかに合格率を基準に合否を出しています。

 

つまり他の受験生との争いということになります。

 

そのためには、細かな知識をたくさん習得することに意識を向けるのではなく、他の受験生が正解できる問題は確実に正解できる力、社労士試験特有の足切りに対応する力や、制限時間内に問題を解く力など、じつは幅広い対応力が本番では要求されるのです。

 

そのなかでもやはり中心となるのは、
問題肢について正誤の判断ができる正確な知識をどれだけ確実に身につけたか
が大事です。

 

あやふやな知識は本試験ではまったく役に立たないということを知る必要があります。

 

そして、勉強に費やすことができる時間は無限ではありませんので、その知識量を限られた時間のなかで効率よく習得しなければなりません。

 

同じ勉強のやり方で勝とうとしたら、その人の頭脳が卓越して明晰であるか、他の受験生以上に勉強の量を増やすしかありません。

 

同じ土俵で戦うということはそういうことだと思います。
そしてほとんどの場合、人一倍努力することでしか勝つことができないのです。

 

そして多くの受験生は、同じ土俵で勝負しようとしています。
十分な勉強時間が確保できる方はそれでよいでしょう。
しかし、仕事や家事、育児などで十分な勉強時間が取れない方も多いはずです

 

でも、勉強のアプローチの仕方を変えることで違う土俵に乗ることができると思っています。

 

私の場合ですが、
1回目の受験では、択一式の得点は36点(約5割)と合格ラインとは程遠い結果でした。
しかし2度目の受験では、択一式は57点(約8割)と合格ラインを大きくクリアすることができました。

 

でも、2度目の受験で、私が他の受験生を圧倒する学習量を誇ったわけではけっしてありません。
他の受験生とは違うアプローチをし、それを実践できたから結果が出せたのだと信じています。

 

問題演習中心学習

我々は、小さなころからテキスト中心の学習方法に馴れてきました。
それは当たり前すぎて、疑うこともあまりしてこなかったように思います。

 

しかし、これからご提案する学習法はその常識とは離れたものになります。

 

まず、テキストを通読する時間はできる限り省き、初めからガンガン問題演習に取り掛かっていきます。
場合によっては、例えば再受験生で各科目の全体像が把握できているのであれば、テキストの通読はやめて、最初から問題演習中心の学習でよいでしょう。

 

逆にまったく知識ゼロの初学者で勉強開始が早いのであれば、全体像を把握するためにまず社労士試験の入門編などで試験全体のイメージをつかまれてもいいでしょう。

 

このあたりは、各人の学習進度によっておそらく違ってくるはずです。
いずれにせよ、テキストを理解してから、あるいは何度か読んでから問題演習に移行するのではなく、学習の初期から問題演習中心の勉強をする方法が問題演習中心学習になります。

 

とはいっても、

  • 「自分はまだまだ理解が足りないから」
  • 「問題演習をやっても、どうせ解けないから」

このような理由で、普通はどうしてもテキスト中心の学習になってしまいがちです。

 

また、みなさんがこれまで学校の勉強などでやられてきた学習方法も、このテキスト中心の学習だったのではないでしょうか?

 

「いや、自分はテキストを読むと同時に問題も平行して解いている」といわれる方もいるでしょう。

 

しかし、それはあくまでテキスト読みが基本であって、テキストは読まずに問題だけ解けといわれたら抵抗があるのではないでしょうか?

 

実際に、テキストを何回か読んでから過去問題なりを解かれるとよくわかると思いますが、最初からスラスラ問題が解ける人はごく稀でしょう。
(テキストを何度か繰り返し読んでも、ですよ!)

 

ましてや、1回テキストを読んだだけで問題が解けるとは考えないほうが無難です。
このように、テキストを読んで内容を理解できたと思っても、問題が解けるレベルとは、大きな隔たりがあるのです。

 

ここを理解していないと、問題演習を本格的に始める4月や5月になって、あまりに問題が解けなくてビックリということが起こりえるのです。

 

この勉強法では、できる限り早い時期から問題演習を学習の中心軸に置きます。
そして、本番の擬似体験をドンドン積んでいくのです。
これによって実践力を鍛えていきます。

 

「テキストをよく読んでも解けないのに、最初から問題演習をしても、もっと解けないではないか」
こう思われるかもしれません。

 

しかし、最初から解く必要はないのです。最初は問題集を読んでいくのです。
そして、本番の擬似体験をドンドン積んでいくのです。

 

今までの、テキストに該当する存在が問題集となります。
テキストが問題集なのですから、問題を解くのではなく、読み込んでいくのです。

 

では、テキストはどういう存在になるのか?

それは、ある意味、「辞書」と呼べるかもしれません。「辞書」ですから、全部の内容を暗記する必要もありません。

 

これは決してテキストを軽視している勉強法ではありません。
初めから最後までじっくり何回も繰り返して通読するのではなく、必要に応じてテキストを参照することになります。

 

まずは試験科目の骨格を問題演習で固め、徐々に知識の中身を充実させていきましょう。
テキストをじっくり読んでいる時間を省略しますので、通常の学習方法を取っている他の受験生と比べ、はるかに大量の問題演習をこなすことができます。

 

読み物としてみた場合、通常はテキストよりも問題集のほうが早く最後まで読み切ることができるでしょう。ですから、早く繰り返すことができます。
これを繰り返すことで実力は加速的についていきます。

 

大量の問題をこなすということは、同じ出題範囲をさまざまな角度から学んでいくことになります。
先に述べた「やや難しい問題」は基本事項の発展形であったり応用問題であったりします。大量の問題を解くことで、この応用力を身に付けることができます。

 

読み物としてみた場合、通常はテキストよりも問題集のほうが早く最後まで読み切ることができるでしょう。ですから、早く繰り返すことができます。

 

これを繰り返すことで実力は加速的についていきます。
大量の問題をこなすということは、同じ出題範囲をさまざまな角度から学んでいくことになります。

 

さらに、問題演習で得られた知識を繰り返すことで、知識の定着が図られるとともに理解が深まります。

 

繰り返すなかで「わからなかったポイントを理解できる」ことが多くあります。

 

ただ、従来の学習法を確立されている方には不安なの多い学習法かもしれません。
そこで、一気に新しい学習法に移行するのは不安だと思われたら、段階的に実施するというやりかたもあります。

 

まず、「安衛法」「労働一般常識」「社会一般常識」の科目は問題演習オンリーで、他の科目はまず後述の「高速回転学習法」でテキスト読みを実施したのち、できるだけ早く問題演習中心学習に移行するというやりかたです。

 

また、初学者の場合、年金科目あたりは問題演習前に全体像の把握をすませておくと、問題演習が多少スムーズになるかもしれません。

 

いずれにせよ、問題演習に学習軸を置くことで、他の受験生を圧倒する問題量を誇ることができます。しかも、繰り返し行うことで質(得点力)も向上します。

 

「他を圧倒する問題の量と質」、いわば「とんがったもの」を、あなたは手に入れることができるのです。

 

難問の増加傾向への対応策とは?

社労士試験の問題のレベルは20年前と比べるとはるかに難しくなってきています。

 

それ以前は過去問題をマスターしておけばかなり勝負できるレベルまでいけたのですが、今はそれだけではまったく合格確実というレベルにはとてもいけません。

 

今や、どの科目も難度の高い科目といわざるを得ないのかもしれません。
基本問題が解けて足切りを回避できたとしても、トータルでは6割(42点)以上の得点を取る必要があります。

 

そこで、「やや難しい問題」にもある程度対応できる実力を身に付けておきたいところです。

 

実際に設問ごとの難易度を調べてみると、「基本問題」、「やや難しい問題」、「非常に難しい問題」があります。
これらの問題をどのように解けば合格点に達するかを考える必要があります。

 

そこで、

  • @多くの受験生が得点できる基本問題は落とさない
  • Aやや難しい問題にもある程度対応できる実力をつける
  • B非常に難しい問題は捨てる
  • C本試験では、足切りを意識した解答を心がける

 

といったことを前提に学習を進めることができれば、確実に『合格力』は上がります。
当たり前に思えますが、じつはこの点は重要なポイントです。

 

では、具体的にみてみましょう。

 

@多くの受験生が得点できる基本問題は落とさない
まず、基本問題は落とさないという点ですが、特に再受験者の中には、細かい知識を追ってしまうという傾向があると思います。

 

たしかに、本試験ではかなりの難問も出題されます。
そういった難問を目の前にすると、細かい知識までカバーしておかないととても本番に対応できないと思ってしまうのです。

 

しかし、先にもご説明したように各科目ともすべてが非常に難しい設問で構成されているのではなく、基本問題を確実に得点することで足切りを回避することができます。

 

そして、それは合格ラインの近くまでは力をあげていけることを意味しています。
ただ、基本問題をマスターするだけでは、なかなか合格ラインまでには達しないということが現実としてあるのではないかと思います。

 

そこで、「合格ラインの近く」から、いかに「合格ライン」までいくかという戦略を考えることが必要になってきます。

 

Aやや難しい問題にもある程度対応できる実力をつける
つぎに何が基本問題で、何か難しい問題なのかという点があります。
よく言われるのは、『過去問題』は基本問題で、細部を問う問題は難しい問題であるといわれます。
しかし、現実には過去問題にも細部を問う問題はあるわけで、何をもって難しい問題というのかは定義が難しい面があります。

 

ここで、角度をかえて出題範囲をみてみましょう。
すると、未だに、出題の多くは基本事項の範囲からの出題であることがわかります。

 

試験が難しくなった理由は、過去問題ズバリではなく、「基本事項をひねってみたり判断に迷う記述が入っていたりと、角度を変えて応用力を問う問題が増えている」ということになります。

 

基本事項を表面的ではなくしっかり理解しているかどうかが問われているわけです。
そして、その力を養うには、大量の問題演習実践が最も効果的だと考えます。

 

B難しい問題は捨てる
ここでいう「難しい問題」とは、細部の知識を問う問題です。
多くの受験生はできませんので、できなくても合否には直接影響してきません。
これは、勉強の段階で意識しておくべきことです。

 

過去問題の繰り返し学習は、合?体験記では定番ともいえる勉強方法ですが、二度と出題されないのではないかという難問も含まれていることを認識する必要があります。

 

攻略すべき過去問題とは、繰り返し出題が予想される問題です。
すべての過去問題を完璧にする必要はないのです。