社労士試験の受験資格

  • 大学または短期大学、5年生の高等専門学校を卒業した人
  • 行政書士の資格保有者

 

この2つの条件どちらかという場合が多いと思います。
中卒、高卒の方はまずは行政書士試験に合格してからというパターンが多いでしょう。

 

公務員の場合は、一定の勤務期間があれば受験資格が得られ、なおかつ社会保険科目か労働保険科目どちらかが免除で受験も可能になるので、公務員で社労士有資格者が多いのはこんな優遇された受験条件があるからでしょう。

 

社会保険労務士の受験資格について、もう少し詳しく紹介していきましょう。
受験資格には受験資格コードが付けられています。

 

学歴の5項目

  • 受験資格コード01、大学または短期大学、5年生の高等専門学校を卒業した人。
  • 受験資格コード02、コード01の中で62単位以上を修得した人。
  • 受験資格コード03、旧高等学校令または旧大学令の学校を卒業か修了した人。
  • 受験資格コード04、コード01と03以外で、厚生労働大臣が認めた学校を卒業か修了した人。
  • 受験資格コード05、修業年限2年以上、総授業時間数1,700時間以上を修了した人。

 

実務経験の5項目

  • 受験資格コード08、労働社会保険諸法令規定に基づく法人の、役員か従業者として実施実務3年以上の人。
  • 受験資格コード09、国か地方団体の公務員で役員または職員として3年以上の実務従事経験がある人、全国健康保険協会か日本年金機構の役員または従業者として3年以上の実務従事経験がある人。
  • 受験資格コード11、社会保険労務士か社会保険労務士法人、または弁護士法人の補助実務従事が3年以上の人。
  • 受験資格コード12、労働組合の役員または専従として、3年以上の労務担当経験がある人。
  • 受験資格コード13、労働組合の役員か個人経営の従業者として、保険諸法令に関する事務経験3年以上の人。

 

厚生労働大臣が認めた国家試験に合格

  • 受験資格コード06、社会保険労務士試験以外の国家試験で、厚生労働大臣が認めた国家試験合格者。
  • 受験資格コード07、司法試験予備試験か旧司法試験の第一次試験、高等試験予備試験いずれかの合格者。
  • 受験資格コード10、行政書士の資格保有者。

 

以上が社会保険労務士の受験資格です。
上記3種類に分かれている受験資格のいずれかを満たしている人のみ、受験資格証明書を提出して試験を受ける事ができます。
例えば、高卒や専門学校卒の方の場合、まず行政書士資格を取得してから社労士試験に臨むという方は多いと思います。

 

最後まで諦めないのが社労士合格のポイント

社会保険労務士の試験は、前半は午前10:30〜11:50まで、午後13:10〜16:40となり、非常に長丁場となります。

 

試験はスピード感を持って進めていかなければいけないのですが、なにぶんにも出題数が多いので時間中に集中力を切らさず続けることはかなり難しいといえます。
場合によっては上手く答えが浮かばないことや、時間配分の失敗に気付いたりして、まだ時間が十分に残っているにもかかわらず、道半ばで諦めモードに入ってしまう方もよく見受けられます。

 

しかし長い時間掛けてせっかく準備した試験ですから、最後まで諦めてはいけません。
とにかく時間一杯まで続けるということは合格への重要ポイントだといえます。

 

そもそも社会保険労務士試験の場合は満点を取る必要が無く、全体のおよそ70%が正解していれば合格となります。
さらに、科目ごとには基準点という最低限クリアしないといけないラインがありますが、仮に基準点を下回ってもほぼ毎年救済措置が取られているので、試験途中であきらめずに、最後まで全力で回答することが必要です。

 

そのためにも、午前中の選択式の試験が終了してから、絶対に
答え合わせなどをしてはいけません

 

失敗した科目があると、確かについつい思い出して結果が気になるものです。
しかし、間違った箇所や出来なかった箇所をその時点で確認しても何の意味もありません。
いいことは何もありません!

 

資格学校に通学していた方などは、午前と午後の休憩時間に知り合いに合うこともあるかもしれません。
場合によっては、昼食を一緒に取ろうと約束している場合もあるでしょう。
しかし、受験生同士が寄れば、自然と午前の試験の話になってしまいがちです。
ですから、本試験のときだけは昼食は1人だけで取ったほうがいいと思います。
自分なら絶対にそうします。午後の択一式に集中すべきです。

 

自分で限界を決めずに試験を突破しよう

人間はよく自分の勝手な思い込みで生きる動物といわれています。

 

これは日常生活のあらゆる場面でその端緒を見かけるもので、それにより楽になることもあれば、思い込みによりデメリットが生じる場合も多々あります。
例えば肉体面でいえば「自分の力はこの程度」と考えていても、必要に迫られて無意識の内に火事場の馬鹿力を出すこともあります。

 

これはスポーツの世界で多分にあることで、プロに近い選手になると自分で限界を決めずに練習に取り組み、そうしたメンタルトレーニングは良い結果を引き出すことに大いに役立ているといいます。

 

一方で頭脳や精神面で考えた時も実は同じことが言えます。
人は長く学校の試験、仕事の評価などにさらされる中で、十分に力を発揮していないのに自分の力はこの程度と最初から諦めていることがよくあります。

 

しかし人間の頭脳が力を発揮しているのは、脳本来の機能の3%にしか過ぎず、それは学習を繰り返す中で徐々に広げることができますので、自分で限界を決めず取り組めば、試験を突破するのも決して夢ではないといえます。

 

そもそも自分の限界とは忍耐力の根競べであり、超えるも何も最初からそこには壁など無く、我慢して走り抜けていけば良いといえます。

 

試験突破はそうした意味で誰にでもできることなので、試験中でも諦めること無く最後まで頑張り突破しましょう。
「なかなか覚えられないと自己嫌悪に陥ります」
「同じ問題を何回も間違えると落ち込みます」

 

これって、ほとんどの合格者が経験することです。
年齢が高いから覚えられないと思うかもしれませんが、70代の方でも合格しているわけです。この方が特別頭脳明晰というわけではないと思います。

 

自分に言い訳しないことです。
本試験までにできるようになればいいことなので、忘れればまた覚える、その繰り返しで徐々に問題が解ける本当の知識が身についてきます。
そのためには、教材を広げず、これと決めた教材を繰り返しできるまでやること。
そうすれば、本試験に頼りになる本当の知識が身に付くことをお約束できます。

 

どうすれば自分の勉強するモチベーションを維持できるのか

最も効率よく勉強して合格できる力を以下に身に付けるべきか考えましょう。
多くの受験生は、とりあえず勉強するという考えが強く、一歩立ち止まって、どうすれば自分が合格できるのか、その命題から無意識に避けようとしてしまいます。
積極的に、考えましょう。そうすれば必ず道が開けます。

 

私も、社会保険労務士試験に合格してみて、合格するためには最後まで自分を信じて諦めないことが大切であると感じました。

 

本試験での注意点

社会保険労務士の試験は、年に一度だけ例年では8月の第4日曜日に実施されています。

 

本試験が行なわれる会場は公共施設が使われることが多いので、交通の便に関しては問題は無いのですが、自宅からどのようなルートでどれくらい時間が掛かるのか、そのあたりを調べておきましょう。

 

また試験日の8月は台風などの自然災害が発生しやすいので、天気予報についても確認しておき、必要があれば他の交通機関で現地まで向かう方法についても確認しておくと良いですね。
ちなみに自家用車での来場はできなく、そのあたりについては試験実施要綱や注意点をよく確認しておきましょう。

 

当日の持参品については特に変わったものが必要というわけではなく「受験票・筆記用具・時計」があれば十分ですが、昼休みに食堂が満員となる場合もありますので「昼食」を準備しておくことも小さな注意点として挙げられます。

 

あまりボリュームのある昼食にしてしまうと、午後の試験で眠気が起きてしまうので、軽い昼食を用意されるとよいでしょう。私の場合は、カロリーメイト1箱をコンビニで朝購入し昼食にしました。

 

あと、意外に忘れがちなのが、上靴です。
試験会場は高校や大学が多いのですが、高校などでは校舎内は土足不可で、スリッパを用意していないといけない場合があります。(私、失敗しました!)
受験票に書かれていると思うので、受験票の注意事項を事前にしっかり読んで確認しておきましょう。
いざ本試験が始まると、後は目の前にある問題に取り組むしかありませんが、やはりそれまでの長い準備期間の事もありますし、かなりの緊張感を伴うことになります。

 

本試験開始ギリギリまで参考書を読みふけるのも良いですが、まずは心を落ち着かせて思考力を平常に保ち、あとは自身を信じて時間一杯まで取り組みましょう。

 

ネットからの受験に関する相談を集めてみました。

社労士試験って難しいですか?

ネットで調べているとかなりの難関資格だということがわかりました。実は数年前に友人が3回受験をしたんですが結局受かりませんでした。

ベストアンサー1
かなり専門的な勉強をされていたり、関連するお仕事などの方なら1回で合格されている方もいます。
私が講習会で出会った方の中に、受験資格を行政書士で得て、3ヶ月ほどの学習で合格されたと言われた方がいました。
ちなみに私は4回かかっていますから、4年かかったことになります。

 

ベストアンサー2
正直、社労士一本では独立開業というのは難しく、独立開業者でも、行政書士やFPなど別の資格を取得して仕事をされているかたが多いです。
よって社労士のみで独立開業することが目標なのであれば、あまりおススメはいたしません。

 

但し、生活していく上で、役に立つ情報が社労士試験の受験範囲に含まれていますので、知識習得のために、というのであればよいかと思います。
(自分の場合、別の仕事との兼ね合いで、年金や医療保険制度を知っておかないと困っていたのがきっかけですので)

 

なお、自分の場合は、2回目の試験で合格しましたが、1度の受験で合格するかたも、回りにはおりましたので、絶対に1度では無理とは言えないと思います。

 

社労士試験合格に向けて通学か通信かで悩んでいます。

地元に良い学校がありません。又、私の周りには合格者の情報もなく、ネット以外の情報がありません。本当は近場で通学したいのですが、・・・

 

ベストアンサー
私が住んでいたところも地元に予備校が無いため、片道1時間以上かけて電車で通学していました。

 

通学するのは時間もお金もかかります。
通学の時間を有効に使ってテキストを読んだりして有効に時間を使えば良いと 簡単に思いますが実際にやってみると通学だけで疲れてしまって勉強に身が入らないということを経験していらっしゃるかと思います。

 

私の社労士受験生時代の仲間で(女性なので参考にならないかもしれませんが、) 1年目は私と同じように通学をしていたのですが、子育てをしながら、自営業だったため、 ご主人の会社の事務仕事をこなし、自分の時間といえば、家事をしている間、 もしくはみんなが寝静まってから自分が寝るまでのわずかな時間しかないので、 通学するのを断念して、次の年は通信に切り替えていました。
(以下省略)

 

社労士受験勉強について

来年8月に受験するものです。
それに向け、学習計画を立てたいと考えております。 進めるにあたり、モデル的な学習計画等ございましたら教えてほしいと思ってます。

ちょっと乱暴かもしれませんが、参考までに。
まず、予想問題集および過去問題集を解きまくります。とにかく繰り返します。
もちろん初めのころ(2、3回転目くらい)は間違えてばかりです。そのときはテキストを辞書代わりに使い調べます。
必要に応じて関連事項や他との横断的な事項にも目を通し理解を深めます。そしてまた、問題集に戻ります。
ただそれだけ。その繰り返し。
試験直前に9回、10回と繰り返した後に、テキストを見てみると、ほぼ全頁を網羅して理解しておりました。
一度も見ることがなかった頁は試験に出ないと思います。
合格を目標に置くのであれば、長時間の暗記はシンドイし、面白くありません。
問題を解きながら理解するのが得策かと思います。
但し・・・・・
このやり方では高得点は取れません。精々7割が良いところ。
でもそれで合格です。
足りない知識は、合格後に勉強してください。
社労士合格者からのコメントでした。
(一部省略)

 

社会保険労務士の試験を考えています

法改正や白書、社会保険についての一般常識という科目?があると聞いたのですが、講座を取ったほうがいいのでしょうか。
あと、どの科目が、てごわいといいますか、難しいですか。いまのところ、テキストを買って独学で準備しようか思っていますが・・・

ベストアンサー2
法改正:これは毎年必ず問題としてでてきます。
白書:白書を最初から最後まで読むのはきついです。自分は買いもしませんでした。
一般常識:社会保険に関する一般常識は、細かな法令関係が多いです。

 

講座を取った方が良いもの
法改正、白書。余裕があれば一般常識。

 

白書対策に日頃から新聞に目を通されている方も多いですよ。 失業率だったり、雇用状況が載りますから。
これらの講座を単発で受講される場合は例年4,5月頃から各学校で行われます。

 

自分はこれらの単発講座を受けました。 講座の受け比べはしたことないですが、自分はLECのものを受けました。
手強い科目(個人的にですが・・・)
労働基準法、厚生年金保険法

 

まず、労働基準法ですがテキストの内容自体は何回も読めば分かるのですが、問題で過去の判例などがでてきます。
また、模試や本試験でも結構難易度に差がある科目のような気がします。

 

厚生年金保険法、これが一番難しいような・・・
国民年金法は年金の基礎であり、いろいろな声を聞きましたが、国民年金は得点源になります。
つまりそんなに難しくないです。これは予備校の講師も話していました。
自分のまわりでも国民年金が苦手という人はそんなにいませんでした。

 

厚生年金保険法は国年の基礎があり、さらにプラスの知識と多くの経過措置を覚える必要があり
社労士受験者で苦手としている方が多いです。
自分も模試の択一の厚生年金で10点中2点だったときは泣きそうになりました。
なかなか点数が伸びなかったので、勝手に厚生年金の日を数日作って、とにかく厚生年金だけを
集中的にやったら急に点数が伸びました。

 

自分はテキストを読み、すぐ過去問に行き過去問を繰り返し解きました。
その後、テキストに戻ると驚くほど頭に入ってきました。(一部省略)

 

独学での勉強のコツとメリット・デメリット

確実に合格を狙うのであれば資格学校という選択肢がありますが、学校では時間割が決められていますので、社会人の方はそれに併せて通学するというのは非常に難しいですね。
日によっては仕事が長引いたり残業することもありますし、職種によっては勤務時間が毎日異なる場合もあります。そうした方にとって独学での勉強というのは時間的なメリットが大きいといえます。
ご自身の好きな時に好きなだけ勉強を進めることができますので、資格学校に通学するのとは異なり時間的なデメリットがありません。

 

また独学の場合、集中して学習するのはもちろん、通勤時間などちょっとした手持ち無沙汰の時間を使うのがコツで、無駄な時間を有効に活用して着実に学習を進めることができます。
しかし、今はネット社会となり、通信講座で簡単にスマホで必要な情報を入手できるので、テキストも問題演習も完結することができるので独学のメリットが低くなってしまったと思います。

 

勉強にかかる費用が著しく抑えられるという点がメリットで、市販のテキストや過去問題など4,5冊購入する程度であれば、経済的に費用を抑えることができます。

 

しかし、その一方で独学の場合は学習時間、学習の進度などは全て自分で管理しなければいけませんので、人によってはそのあたりがデメリットになる場合もあります。
さらに、もっともデメリットといえるのは、合格するまでのゴールが見えないということです。

 

「一体、どこまで勉強すれば合格できるのか!」
この点が独学では見えてこないので、 モチベーションも下がってしまい途中で受験生から脱落する確率がとても高い勉強法なのです。

 

とくに日頃から横着な方、飽きっぽい方の場合は、デメリットどころか合格できるか危ぶまれることにもなりますので、芯が強い方でなければ難しいといえます。
独学はメリット・デメリットと双方があり、また時間の取り方にもコツがいりますので、そのあたりを踏まえて選択することになります。

 

社労士試験勉強の心構え

社会保険労務士の資格講座を色々と見比べてみると、試験勉強におよそ1年程の期間を掛ける講座を多く見かけます。
また一般的に言われるところ資格取得までの学習時間は、社会保険労務士の場合は「1000時間前後」とされています。
1日3時間休まず勉強したとしてもやはり1年間という期間が掛かってしまうので、長い試験勉強をしっかりこなすには心構えを持って取り組む必要があります。

 

では学習に際してどのような点で心構えを持てば良いのでしょうか。
そのポイントとなるのは“初心”です。

 

社会保険労務士の資格はただ漫然と取得したいと思うものではなく、最初に何か目的があって、それに向けて社労士の資格を取得することになります。
その目的は個々の人により違いがあるかもしれませんが、転職にしてもスキルアップにしても、資格取得はその後の人生に大きく作用するものとなります。

 

そもそも何を理由に社会保険労務士を目指したのか、この点について常に心に留めておくことで難しい学習に積極的に進めることができますし、長い試験勉強においても萎えること無く高い意識を持って臨むことができます。

 

多少、勉強方法が効率悪くても、合格したいという強い気持ちで勉強に取り組むことができる受験生が一番合格に近い位置にいるともいえます。
私も社労士試験に合格して有資格者となったおかげで、色々な仕事上のチャンスを手にすることができました。

 

社労士資格は開業しても厳しい資格といわれることもありますが、開業だけが社労士資格を活かす道ではありません。色々な可能性を秘めた資格だと思います。
今は具体的にイメージできなくても、資格取得後の自分の姿や人生が上向いている様子などを思い描けば、そのあたりも良いモチベーションになりますね。
単なる妄想と違い実際にあることですから、辛く長い試験勉強に対する心構えを長く継続することができます。

 

本番の試験では解答スピードが求められる

社会保険労務士試験の本番の試験で出題される科目は非常に幅広く、出題数も多くなります。
公表されている試験科目は“労働基準法・労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、徴収法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、労働および社会保険の一般常識”など8科目に及びます。
いずれも選択式か五肢択一式の問題に分かれており、“選択式:8科目から40問”“五肢択一式:7科目から70問”などと、合計で110問が出題されます。
このようにボリュームが大きい一方で試験時間はそう長くは無く、「選択式:制限時間80分」「五肢択一式:制限時間210分」とされています。
;択一式を単純計算すれば、一つの問題に掛けられる時間は2,3分程度となりますから、本番の試験では何より解答スピードが求められるという事がよくわかるかと思います。

 

;3時間以上あるからと安心してはいけません。時間との勝負になることも十分予測しておくことが大切です。問題文も長文化していますから、問題文を読むだけでかなりの時間がかかります。
まず問題を熟読して理解するのに30秒ほど掛かり、そこから答えを導いていくわけですから、まさに解答スピード次第で合否が決まる時間との戦いがそこにあるといえます。
とはいっても、3時間以上の間、ずっと集中して問題を解くことも正直、しんどいものです。
そこで、あえて、途中でトイレ休憩を取って気分をリフレッシュするとをおススメします。
多少、時間は取られますが、再度集中力を復活させるにはよい方法だと思います。

 

また、午前中に実施される選択式は上手くいかない場合が多いので、その精神的な影響が午後の五肢択一式に及ぼしてしまうこともあり、人によっては大きく崩れてしまうことがあるのです
;そうなることを防ぐためにも、過去問で本番の試験さながらの解答スピードに近づけるよう慣らしておく事が非常に重要になってきますし、午前の結果は振り返らず、午後の択一式だけに集中する意識が必要です。

 

最近のネット口コミ情報から関連ページ

 

社労士試験勉強法・受験資格・合格率記事一覧

社会保険労務士の試験には受験資格があり、これを満たしていない場合は受験できません。この辺りは、よく比較される行政書士と違うところです。社会保険労務士の受験資格は、いくつかの条件に分かれています。大きく分けると学歴、実務経験、厚生労働大臣が認めた国家試験に合格という3種類です。学歴と実務経験がそれぞれ5項目、厚生労働大臣が認めた国家資格は3項目に分かれています。計13種類の条件をどれか1つ満たしてい...

ここでは、社労士試験においてとても大事だと思うポイントを説明していきます。受験テニックに走る前に、どのように試験を戦略的に攻略するかが私は大事かなと思っています。いかに勉強を継続するかどんなに優秀な頭脳の持ち主でも、継続して勉強ができなければ難関試験である社労士試験に簡単に合格することはないと思います。もしかしたら本当の天才なら、軽く1か月の勉強すればラクラク合格という例外の方がいるかもしれません...

社会保険労務士試験の難易度を他の資格と比較してみましょう。国家資格にもいろいろありますが、試験の難易度が高くなるほど合格率も低くなる傾向がありますが、その代わり資格を取得すれば一生の仕事にする事もできます。社会保険労務士の試験は、ざっくりとしたいい方ですが、国家試験の中では難易度は高い方だと思います。そして、独立も可能な人気資格として難易度も上がってきました。20年前の難易度とははるかに違っていて...

社会保険労務士は今や難関国家資格です。社労士試験の合格率を見ると平成27年度の2.6%に代表されるように低合格率であり、今後も5%を切る可能性は高いと予想されます。数ある国家試験の中でも難易度はやや高めで試験範囲も広い事から、試験範囲の広さに圧倒され受験前に挫折してしまう人も多いと言われています。私の周りでも、結構社労士試験に挑戦しようと思ったけどあきらめという人は多いですね。市販のテキストを買っ...

社会保険労務士試験に働きながらでも合格する事は十分可能です。実際に働きながら社会保険労務士になった人もたくさんいますし、近年の合格者を年代別に見ても、30代が一番多く次いで40代と働く世代の合格者が多くなっています。社会人が合格者の大半を占めているということですね。それはつまり、働きながらでも社労士試験は十分合格できるということです。しかし働きながらの場合は、仕事もしなければいけませんので、受験勉...

社会保険労務士試験に短期間で効率よく合格するためには、「社労士試験の本質」をつかみ、次に「合格するための戦略を立てる」ことが最短距離だと思います。簡単なようで多くの受験生が実は実践できていないのではないかと感じます。実際に、自分も受験1年目は深く考えていなかったと反省しています。膨大な情報をマスターしなくてはいけないという焦りが先行してしまって、とりあえず勉強するというダメダメ君になっていたんです...

合格率5%を切るような難関国家試験では、「一発合格は難しい」というイメージが先行しています。その考え方にとらわれてしまうと、大量の知識を習得しないといけないとか、難問もある程度正解できるような実力を身につけないと思ってしまいがちです。でも、この勘違いが合否を分けるポイントになりますので注意が必要です。あくまで競争試験であることを意識すること社会保険労務士試験は競争試験です。たとえば6割以上得点した...

社労士試験合格へつながる手帳の活用当然ながら試験勉強に費やす時間は無限ではありません。それは当たり前のことなのですが、難関資格に挑戦しているという意識と、受験勉強が長丁場になることから、ついつい色々なことができると思ってしまいがち。特に2年目、3年目の受験ともなれば、1年間丸々勉強できると考えて相当なことが勉強できると思いがちですね。合格に万全を期したいために、「テキスト」「過去問題集」「予想問題...